サン・スウィング・テニスクラブ規約

第1条[名 称]
1.本クラブの名称は「サン・スウィング・テニスクラブ」とする。

第2条[目的と性格]
1.「いつでも、どこでも、だれでもが楽しくテニスを」を合言葉にクラブ活動をする。
2.本クラブは新日本スポーツ連盟北区に加盟し活動する。
3.本クラブはクラブ員相互の交流、テニス技術の向上を図ると共にクラブ員が自主的に 
  話し合い積極的に運営に参加する。

第3条[運営方法]
1.本クラブは個人加入制を基本とする。
2.本クラブへの入部は運営委員会の承認を得て規約を承認すれば誰でも入部することが
  できる。
3.本クラブの財政はクラブ費で賄う。
4.部費内容及びその他
(入会金及びクラブ費)
  クラブ員はクラブ費として入会金2,000円のほか月会費(1,500円/月)
  を納め、前納制を基本とする。但し、納入済の部費は原則として返却しない。
  特例の場合は運営委員会にはかり、決定する。
  又、ビジター料金は一人1回1,000円、但し、部員の家族は500円とする。
  注:この際ビジターとは、部外者を指す。
(コート申し込みの登録)
  コート申し込みには事前登録が必要なため、クラブ員は都営コート利用登録に、
  又、北区在住・在勤のクラブ員は北区コートの利用登録に協力する。
(休部)
  休部は1年を単位とし、事情により休部をする場合は運営委員会にその旨を申し出、 
  原則として年額2,000円を支払うものとする。また、休部中の練習参加は1回
  500円支払う。
(勧告退部)
  部費滞納者は、運営委員会の努力にもかかわらず6ヶ月間以上滞納した場合、本人 
   の同意を得て退部とする。但し、退部の際には未納金を納入する。
(自主退部)
  退部に際しては運営委員会にその旨を伝え、退部とする。

5.本クラブは機関誌を月1回発行する。
6.本クラブの最高決議機関は総会である。総会は原則として年1回開き、運営委員会に
  よって招集する。又、2分の1以上のクラブ員の要請によって臨時総会を開くことが
  出来る。
7.総会はクラブ員によって構成され、クラブ員の過半数以上によって成立する。
  但し、委任も含む。
8.総会は前年度の活動の総括と新年度の運営方針を決定し、次期役員を選出する。
  本クラブは下記の役員を置く。但し、再選は妨げない。
   会長      1名、 副会長      2名
   技術部長      1名、 施設部長      1名、 機関紙部長 1名
   企画部長      1名、 財政部長      1名、 会計監査      1名
   各部副部長若干名
  以上を持って運営委員会とする。但し、運営委員会が必要に応じて専門部を設けるこ
  とが出来る。
9.運営委員会は総会に次ぐ決議機関であり、会長及び各部部長の招集により開催する。
10.本クラブ員は何れかの専門部に所属する。

第4条[慶弔規定]
1.サン・スウィング・テニスクラブの慶弔見舞いに関しては、この規定による。
2.クラブ員の慶賀による祝い金を次の通り支給する。
  @ 結婚祝い金           5,000円
  A 出産祝い金(基本的に長子のみ) 5,000円
3.クラブ員の不幸による弔慰金を次の通り支給する。
  @ 本人の死亡           5,000円
  A 家族の死亡
   イ)本人の父母          3,000円
   ロ)配偶者及び子供        3,000円
  B 災害及び病気見舞い金      3,000円
  前2・3項については、経済事情により実体にそぐわない場合は、運営委員会で検討
  し、変更できるものとする。

第5条[付 則]
  本規約は、総会で3分の2以上の賛成があれば改正する事が出来る。
  本規約は、1990年 7月 1日から施行する。
  改訂5は、2002年12月 7日より施行する。